神式のお葬式のながれ

日本の宗教では仏教が多く、そのためお葬式に参列する頻度が高いのは仏式になるでしょう。仏式にくらべて少ない神道の、神式の参列経験がない方は多いのではないでしょうか。そんな人のために神式の流れをご紹介します。お葬式は出席者の着席から始まり斎主の入場から開式の辞へ。続いて斎主が主席者、祭場や供え物などその場の全てのものを祓い清めます、この時出席者は頭をさげ祓いをうけます。ついで降神の儀といい斎主(または副斎主)が供え物を供え祝詞の泰上にうつります、主席者は頭をさげ拝聴します。なお祝詞では故人の人生や人柄などが織りこまれているため、自分の知っているエピソードがあるかもしれませんね。その後、弔電披露に続き玉串奉天に移ります。最後に喪主の挨拶があり閉式の辞となります。地域によって多少異なりますが大まかな流れはこのようになっています。参列のさいは、流れを理解し失礼の無いよう気をつけましょう。

葬式におけるマナー「ご焼香について」

葬式等の儀式で行うご焼香は、式の規模等により三種類に分かれています。一つ目は、「立礼焼香」といい、椅子席の式場の場合に多く用いられるスタイルです。数珠を持っている場合は左手に持ち、焼香台へ進んで遺族と僧侶に一礼、さらに遺影に一礼して一度合掌します。ご焼香を行い、その後合掌して最後に遺族に一礼して席に戻ります。二つ目は、畳敷きの式場の場合に多く用いられる「座礼焼香」というスタイルです。基本的な順序は立礼焼香と同じです。違いは、移動の際に立つのではなく腰を落とし、ご焼香の際は正座するという事です。三つ目は「回し焼香」といい、式場が狭い場合等に用いられます。焼香炉を順番に渡しながら行うスタイルです。まわってきたら会釈をして受け取り、ご焼香を行い、遺影に向かって合掌します。終わったら隣の人へ回します。以上が三種類の説明になります。宗派によって作法が異なりますが、一番大切にしなければならないのは、心をこめて行うという事です。

PAGETOP