神式の葬式の場合の不祝儀袋を確認する

葬式に参列する場合は不祝儀袋を用意します。故人の宗教に合わせて用意しなければなりません。通夜や葬儀の連絡を受けた時に双白の形式や宗教を確認するようにします。神式の場合は、双銀、双白、黒白の結び切りにします。弔事になりますので、一度きりのほうがよいということで結び切りが使用されます。また弔事用の不祝儀袋は薄墨で書くようします。慶事の祝儀袋では薄墨を使ってはいけません。神式の表書きには、御玉串料、御霊前、御榊料にします。弔事の場合の際には汚れていないお札を使うようにします。新札が気になる場合には折り目をつけてから入れるようにすると良いです。向きは揃えて入れるようにします。親族ですと1~10万円、友人であれば3千~1万円用意するようにします。

葬式頭を痛めがちなご焼香順位の一般的例

葬式におけるご焼香の一派的な順位の例初めに葬儀委員長続いて喪主次にご遺族及び親戚そして親族の留め焼香そのあと自治体及び町内会代表続いて個人の勤務先関係引き続き喪主の勤務先関係者この後PTA関係者次に関連会社次に個人の友人最後に参列者様の焼香詳細は喪主の調整事項となりますが、大きくはこの様な順序が一派的です。これをもとに詳細変更を行えばよいとされます。詳細については故人との関係や参列者間の課案系もあるので超背が必要となりますが、大まかな順序は先述の様なもの一般的で無難といえます。昨今ふえつつあります会館ホール形式では座席位置を考慮する必要もあります。席次も概ね先述の区分に分枯れて着席することが多く自ずと先述の順序に近くなることが多いです。

PAGETOP