葬式で使う「ふくさ」のマナー

葬式や通夜で香典を包む際には裸でバッグから取り出すというわけにはいきません。ふくさに包むのがマナーです。しかしふくさなら何でも良いというわけではありません。赤や金色などの華やかな色柄の物は結婚式など祝いの席で使用するものです。葬式の際には紺やグレーなどといった落ち着いた色味を使用するようにしなければなりません。その場に応じて色を使い分けるのです。ただし紫に関してはどちらの席でも使用してよいと言われています。どのような品を選べばよいか悩んだ時にはシンプルな紫を選ぶと無難かもしれません。最近では袋状になっているタイプも多くなったので包む時に迷うこともありません。しかし自分で包むタイプの場合には裏表を間違えないように気を付けましょう。

基本的なご焼香のしかた

葬式や法事のときにはご焼香という独特の儀式があります。ご焼香は葬式や法事に参列した人すべてが行う儀式です。ご焼香は宗派によって回数や作法が微妙に違いますが、ここでは基本的なご焼香のスタイルをご紹介したいと思います。通夜や葬儀の場で、自分の番が来たら祭壇の前に置かれた焼香台の前まで進みます。そしてまずは遺族に向かって一礼をします。つぎに祭壇の遺影に向かって一礼をします。右手の親指と人差し指と中指をつかって、焼香台に置かれた抹香をつまみ、額の高さまで持って行き、元に戻します。そして遺影に向かって合掌をし、冥福を祈ります。抹香をつまんで額に上げる回数は宗派によって違います。前の人がやっているのをマネするのが一番無難です。

PAGETOP