神式の葬式のマナーについて

神式の葬式では、お通夜のことを「通夜祭」お葬式のことを「葬場祭(神葬祭)」といいます。基本的に仏式と変わりませんが、「手水の儀」と「玉串奉奠」という儀式があることや「不祝儀袋」、仏式で言う香典の書き方が違うことが異なります。仏式の香典にあたる「不祝儀袋」は、黒と白の結び切りで蓮の絵のないものを用い、「御霊前、御神前、御玉串料」などと記入します。金額は仏式と差異はないので、相場などに応じて包みます。「手水の儀」は、葬儀参列の前に行うお清めの儀式です。神社に参拝時に行うお手水と同様に用意された桶から柄杓で水を掬い、左手から右手の順手を洗い清めて、最後に左手で受けた水で口をすすいで渡される懐紙で口元と手を拭います。「玉串奉奠」は御焼香のことを指し、玉串と呼ばれる榊の枝を祭壇に供えることです。まず順番が回ってきたら祭壇に進み、遺族列席者に会釈をします。そして神官の前に進み出て一礼し、玉串を両手で受け取ります。玉串案に玉串を根本が祭壇に向くように縦に置き、2、3歩祭壇を向いたまま後ろに下ったら二礼し、「忍手」という音ない柏手を打ちます。最後に一礼して退き、神官や遺族列席者に会釈します。

葬式でご焼香をする正しい順番

葬式に参列したときにご焼香するときの正しい順番ですが、最初に家族単位で行ってから最終的に一般の参列している人に順番が回ってきます。家族は孫もマナーとして年齢は関係なかったりするのがほとんどですが、地域ごとでもやり方は異なります。指名があるならば、年長者から行うのが無難ですが、基本的に喪主を努めた人は別格です。喪主は配偶者や親などの身内が努めるのが多いとされていますが、後々になって書類が問題となってくるからです。他人の葬式に参列したケースとすると、自然と順番が回ってくるまで待っているのも間違っていないですが、焼香するときの手順を覚えておくと分かりやすかったりと慌てないです。その場で教えてもらうのもありです。

PAGETOP