神式の葬式の内容等について

葬式は宗教によって、その内容にだいぶ違いがあります。日本では仏教スタイルのものが多いですが、中には日本独自の宗教である神道のスタイルのものも少なくないです。神式の葬式とは、故人の御霊に家に留まって守護神となってもらうための儀式になります。仏式は故人を極楽浄土に送るために行なうので、ここに大きな違いがあります。神式には仏式のような焼香はなく、その代わりに玉串ほうてんが行なわれます。玉串ほうてんとは、榊の枝に紙垂(しで)と呼ばれる紙を付けた物を捧げる事を言います。玉串を捧げた後で、二拝二拍手一拝の作法でお参りをします。ちなみに、この際の二拍手では、忍び手という音を立てない柏手をします。また、神道では死を穢れと考えているので、葬式を神社等で行なう事はなく、一般的には自宅や別の斎場で行ないます。

葬式でのご焼香の作法について

仏式での葬式で行われる儀礼として特徴的な事の1つが、ご焼香です。仏前に香を捧げる事によって故人への敬いの心を示す、邪気払いを行って心身を清めるといった意味があります。加えてご焼香を行う回数が凡そ1~3回の範囲で宗派によって異なると共に、細かな作法の面でも異なる面があります。ですがそれ故に、どのように行えば良いのかが若干解かり難い面があります。基本的には故人を弔う場ですから、故人自身やその家族の宗派のやり方に合わせるようにすれば問題ありません。また、葬式においては焼香台が置かれて立礼式で行う事が殆どです。ですので、祭壇に向かった際・下がる際の礼を欠かさない事がポイントになると言えます。葬式の最中に回数が案内される場合もあるので、その際は従うようにします。そして何より、心を込めて行う事が大切です。

PAGETOP