神式での葬式の流れとは

神式の場合、故人の訃報が伝えられたらすぐに自宅の神棚を閉じ、その前に紙を貼ります。仏式の通夜にあたるものが「通夜祭」です。神社では葬儀は行われません。神道では死は「穢れ(けがれ)」ととらえられており、神様がいる神聖な場所「神社」に死を持ちこむことはタブーとなっています。そのため、神式ではまず葬式の場所を決めてから神社に伝えなければなりません。通夜祭の後に「遷霊祭(せんれいさい)」が行われます。別名「みたまうつし」といわれ、これが終わると同時に故人は神となり、その家の守り神となるといわれています。神式の通夜や「葬場祭」といわれる葬式では、仏式の焼香に当たるものとして、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」が行われます。

葬式のマナー「ご焼香」

葬式等の儀式の際に行うご焼香とはどの様なもので、どういった方法で行うものなのかを説明していきます。ご焼香とは死者を弔うために香を焚くことを指しています。また、香りによって心身を清めるという意味もあります。次にご焼香の方法について説明します。行うのは遺族からで、その後、席が前の人から順番に行います。作法ですが、宗派によって異なり、行う際は喪家の宗派ではなく自分の宗派で行うのが本来とされています。一般的な方法は、まず、右手の親指と人差し指と中指の三本を使って、抹香を少量つまみます。そして、手を返して額の高さまでかかげます。これを「押しいただく」と言います。最後に、手を香炉の上へ移動させて、指をこすりながら抹香を落とします。押しいただくかどうか、またご焼香を何度行うかは宗派によって異なりますが、あまりこだわり過ぎず、心をこめて行う事が大切です。

PAGETOP