お葬式におけるふくさについて探る

お葬式の時には、急に呼ばれる場合があります。普段家にいる時や、あるいは会社に勤務している際に突然など、時と場所を選ばない事も多くあります。それでもお葬式に伺う場合には、お香典袋を用意しますが、それを包んで運ぶものとして、『ふくさ』を使用します。四角い風呂敷のハンカチ版の様な布タイプのものや、お香典袋が入るバッグ式のものもあります。バッグ式の場合は、中身がズレないので便利です。ふくさの色については複数あります。紺色などもありますが、紫の場合だと、慶事にも使用できるといわれています。ふくさは、絶対に必要となるものではありませんが、今後もその様な席に出席する機会やお付き合いを考えると、一枚もっておいてもいいかもしれません。家庭に一枚あると十分その役割を果たします。

葬式でのご焼香の作法とは。

ご焼香とは、霊前を清めて、亡くなった人の冥福を祈るために、お香をたいておがむことです。仏式の葬式や通夜、法要などで行うもので、一般的には左手に持参した数珠をかけて、右手で行います。ご焼香には葬式の会場、参列者の人数によって、座礼、立礼、回し焼香で行います。ご焼香の順番は喪主や遺族などが終わってから、一般の会葬者になります。順番が来たら、僧侶と遺族に一礼し、遺影に向けて一礼してから行います。葬式のご焼香の手順は、基本的には右手の親指、人差し指、中指の3本で抹香をつまんでから、額の高さまで上げておしいただき、指にこすりながら香炉の中に静かにおとします。この動作を1から3回行います。回数は宗派によって異なります。

PAGETOP